お勧め本


お勧め本のページです。
かなり寄っている?!



記事番号 9
書籍名 ゲド戦記シリーズ カテゴリー 海外文学     
著者名 ル=グウィン   発行年(西暦) 2000  
出版者 岩波書店   値段 1000-1500円  
投稿日時 2006/03/03 13:19 本のサイズ A5版
感想
感動度 実用度 娯楽度 ファッション度 難易度
☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆☆
ファンタジー・ファンならば誰も皆、読んだ事のある作品だと思います。
ブルートーンの透明感がある、ちょっと陰気なイメージがあります。
宮崎駿が、めちゃくちゃ影響受けた作品ですよね。
キツネリスのテトみたいな生き物出てきますし^^

内容は光と影をテーマにした、これまたアタシが好き系の陰陽道っぽさです。
初めて出会ったのは中学の図書館。
すごくすごく気になってたんだけど、頭の悪いアタシには理解できず
いつか読もうと暖めていた作品でもあります。
ちゃんと理解して読めるようになったのは大人になってからですね。

でも、ああいうチョット難しい哲学書てきなファンタジーは
10年置きくらいに読み直すと感想や感激が違って見えるのが面白いです。

そういえば駿の息子、ゴロウだかがアニメーションで
「ゲド戦記」を作っていますね。
予告を見たけど、ゲドと言うより「シュナの旅」でした。
ケロイド少女も、あんな可愛くて良いのかな???って思ったし。

でも、まあ、これを機会に他のシリーズも読んでもらえればって思います。
少年時代のゲドも好き。青年時代も、オヤジやジジイになっても味わい深いです。
それぞれの年代になって読み返し、
心に人生を哲学するきっかけを作って下さい。

ゲドやダレンシャンみたいな陰気なキャラクターが出てくる作品は
色々と考えさせられて、それが面白いです。
ああ。もちろん物語としても面白いですよ。

心が未熟なうちは理解できないかも知れないけど
まあ、読んで見る価値のある作品です「ゲド戦記」。





記事番号 8
書籍名 空海秘伝   カテゴリー  
著者名 寺林 峻   発行年(西暦) 2000  
出版者 人物文庫*学陽書房   値段 600-800円  
投稿日時 2005/04/13 14:44 本のサイズ A6版
感想
感動度 実用度 娯楽度 ファッション度 難易度
☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆
自分が今まで漠然と哲学してきた事への一つの答えを見たような気がしました。
先人の言葉には「気付き」が多く含まれていてハッとさせられますねぇ。

「十住心論」で言ったら私の心はレベル5〜8を行ったり来たりしてるなあ…とか、
心と体、光と闇のバランスの中に真実の「充実感」や「満足感」があるんじゃないか…と強く感じてみたり。
人間は偏りがちで、偏っているからバランスが取れていると
勘違いしやすく、そこが落とし穴。満たされているようでどこか空疎な感じが
するのは、バランスが悪いからなんだろうな〜とか。
もう、色々いろいろと考えちゃったよ。

そう。この本は満たされているのに何か物たりない人生の虚しさを
感じている人には「気付き」を与えてくれる一冊になるのでは…。

空海を読んだら、最澄サイドも気になってきたなあ…。





記事番号 7
書籍名 鬼平犯科帳1   カテゴリー  
著者名 池波正太郎   発行年(西暦) 1974  
出版者 文集文庫   値段 -500円  
投稿日時 2006/05/29 13:58 本のサイズ A5版
感想
感動度 実用度 娯楽度 ファッション度 難易度
☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆
中村さんの、時代劇を愛好していて、ずーっと見ていたのですが
本で読んだのは初めて。

オープニングの部分は時代劇の脚本に書いてあるような
文章でいいなあ〜とか思ったデス。

でもこれを読んで確認したのですが
時代劇は映像になった剣舞が楽しいんだと思いました。
このシーンはあんな風な立ち回りかな〜とか
想像力が補ってくれるんだけど
想像だけじゃワクワクしない(涙)
役者さんのタテが好きなんですね私(笑)
あと何と言っても着物姿やチョンマゲ見るのが好きですから(笑)
時代劇には映像を求めてしまう〜。

でも、あれですな。
ヒョウヒョウとした平蔵の喋り口調はそのままだから
ニヤニヤしながら読み進めておりました♪
中村さんの口調と声を想像しながら(笑)

ダンナの感想は、読んだけどつまらないと言われてしまった(汗)
でもさ。それって、あまり時代劇を見ていなくて
周りの江戸の風景や小物を想像出来ないからだと思う。
時代小説はある程度の知識がないと面白くないかもね。
映像を見て欲しい。
凄く無理な画面構成とかも面白いんだって(笑)
特に昔の監督さんのはテレビドラマでも凝っている。




記事番号 6
書籍名 魍魎の箱   カテゴリー ベストセラー     
著者名 京極夏彦   発行年(西暦) 2000  
出版者   値段 800-1000円  
投稿日時 2005/04/28 17:39 本のサイズ A6版
感想
感動度 実用度 娯楽度 ファッション度 難易度
☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆
借りて読んだので出版社・値段・発効日などいい加減です。
題名と作者だけは確かなので有名だし分厚い文庫本なんで探してみて(汗)

京極堂シリーズはどれも、お勧めなんですが
「魍魎の箱」は可愛い女子校生がでてきて華があります(笑)
華があるといったら女郎蜘蛛もそうなんだけど
魍魎は文体が面白かったので。

気に入ったキャラクターの小説は長編が好きなのです。
京極堂シリーズは個性的なキャラクターが
一つの妖怪をテーマにしてドタバタと活劇します。
どちらかというと精神バトルが多いのかしら?

知らない人は読んで見て下さい。
妖怪の事が詳しくなれるです!




記事番号 5
書籍名 天海   カテゴリー 歴史小説       
著者名 堀 和久   発行年(西暦) 1995  
出版者 学陽書房   値段 600-800円  
投稿日時 2004/11/15 23:44 本のサイズ A6版
感想
感動度 実用度 娯楽度 ファッション度 難易度
☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆
ぜひ、時代劇で見てみたい歴史小説でした♪
天海、カッコいいし〜法華経の教えは今の日本人に
とても必要な道徳だと思うのです〜。

天海を巡る旅、日光で見た天海の墓を思い出し
しみじみしています。
天海は人間の煩悩の数だけ生きました。
これまた感慨深い。



記事番号 4
書籍名 ダレンシャン12   カテゴリー 海外文学       
著者名 ダレン・シャン   発行年(西暦) 2004  
出版者 小学館   値段 1500-2000円  
投稿日時 2004/10/14 12:30 本のサイズ A5版
感想
感動度 実用度 娯楽度 ファッション度 難易度
いや、シリーズ物としては、すべてお勧めなのですが、
うっかり10を読む前に11を読んでしまい、
ハーキャットの正体を、否応無しに知ってしまいました!
ガーン! という事で、面白いけど
子供が読んでもいいのだろうかな本です(笑)


記事番号 3
書籍名 平の将門   カテゴリー 日本文学       
著者名 吉川英治   発行年(西暦) 1989  
出版者 講談社   値段 600-800円  
投稿日時 2004/10/12 12:17 本のサイズ A6版
感想
感動度 実用度 娯楽度 ファッション度 難易度
読み終わった〜。
いつの時代も純朴で正直な人は利用され
傷つくのね。何だか可哀想でした。

鬼神説とはそうやって人を利用し自分の弁明や
出世のために貶めた事への罪悪感から生まれたん
じゃないかと思う。

死んでも鬼にされちゃあ浮かばれねえ。
将門は小者を恨むほど小さい根性してないと
思うよ。

でも関東に元々ある、荒ぶる神と同化して、
これからも、この下総を守って欲しいものです。



記事番号 2
書籍名 ムーミン谷の彗星   カテゴリー 海外文学       
著者名 トーべ=ヤンソン   発行年(西暦) 1980  
出版者 講談社 青い鳥文庫   値段 500-600円  
投稿日時 2004/10/14 12:22 本のサイズ その他
感想
感動度 実用度 娯楽度 ファッション度 難易度
ムーミンシリーズの2作目。
彗星が落ちて来ると、ムーミン谷は大騒ぎ。
設定は凄く怖いのに、出演者が呑気なので、あまり怖く感じません。
それどころか、ピクニック的で楽しげ。
しかし、真剣に考えると、下手なホラー小説よりも怖いです(汗)

過酷な状況にありながらも、ケーキ焼いているムーミンママが素敵♪




記事番号 1
書籍名 たのしいムーミン一家   カテゴリー 海外文学       
著者名 トーベ=ヤンソン   発行年(西暦) 1980  
出版者 講談社 青い鳥文庫   値段 500-600円  
投稿日時 2004/10/12 12:04 本のサイズ その他
感想
感動度 実用度 娯楽度 ファッション度 難易度
感動は、自分で感じるもの。
人の意見には左右されないように(笑)

ムーミンシリーズの1作目です。
短編集で、ムーミン谷に住む人々(?)達の紹介本みたいな感じ。
とにかく、ムーミン世界は、皆が自由に生きている、素敵なところです。
子供も大人も読んでほしい作品。


HOME